塚本材木店 木のコンビニ ウッドショップ100 事業概要 会社概要 お問い合わせ
塚本材木店・ウッドショップ100のこだわりの住宅建築をご紹介させて頂きます。

※ウッドショップ100ではお客様各位から事前に「お客様の声・写真」等の
 掲載に関してご了承を頂いてご紹介しています。
施工事例(濡れ縁と障子のある現代的な和の暮らし)
南側のファサード。日当たりのいい濡れ縁は建て主の第一の要望だ。1、2回のルーバーと玄関扉も素材を木(スギ赤味材)で統一し、外観の黒と白の「枠」な表現に「なごみ」を与えた。外観の黒い部分はがるバリウム鋼板、白い部分は防火サイディングの上に吹きつけとそうで仕上げている
前面道路との境界には門柱があるだけで、塀や生垣は一切設けていない。
最近は、プライバシーを重視して道路側の開口を少なく設計した住宅が多い。そんな中で、この家の開放的でおおらかなつくりは際立って見える。直線的な形状にモノトーンを配した外観はシャープで現代的だが、どこと無く昔の農家の情景を思わせるのは、この濡れ縁の存在感にもよるだろう。
ダイニングからリビングと和室を見る。3室を対角線上に配列し、視線を斜めに振ることで、空間の広がりを感じられるように工夫。
平面プランは、日当たりを考慮し、南西を向く濡れ縁に連結してダイニング、リビング、和室を順に並べた。この3室を建具で仕切ることで、空間のボリュームを自在に変えることが出来る。建具を閉じれば、玄関および各室が独立する。
和室からリビングとダイニングを見る。南東側の中庭にも濡れ縁を設けた。ファサード側の濡れ縁がパブリックであるのに対し、こちらはプライベートな外部空間と位置づけた。
施工事例(和とモダンが見事に融合した家)
「完成!ドリームハウス」で放送(2007年1月7日)
 大正時代に建てられた家が解体され、新しい家へと受け継がれていく過程をプロに記録してもらえたことは、本当にうれしかったですね。撮影は100日以上に及びましたから、スタッフともすっかり打ち解けて、一緒に家創りの過程を楽しめたと思っています。建築家との家作りは「一生に一度の贅沢な大人の遊び」。建売やハウスメーカーで家という「商品」を買うのとは、全く違います。娘が結婚したら、この家を譲って、「引退後の家」っていうのをもう一度建ててみたいな。(建て主様の声)
お気に入りの場所
 前の家は暗かったんですが、今は全ての部屋が明るい。妻は、デザインを重視する僕と比べると機能重視なので、快適な暮らしをすごく喜んでいます。娘たちは、バレエとエレクトーンを習っているので、踊ったり、エレクトーンを弾くことが出来る2階のフリースペースがすごく気に入っているみたいですね。僕は全部気に入っていますが、特にリビングがいちばんです。近所の方がお茶を飲んでいったり、子供が寝そべったり、座っているだけで気持ちがいいです。(建て主様の声)
都心から45分築85年の家
仲良し夫婦と素直で元気なお嬢様3人、そして同じ敷地内の別棟に住むご両親様との7人家族です。おじい様の代(大正時代)に建てた家をご自身が建て替えすると決めてから東奔西走、かなり情報収集・勉強されたご主人様です。「周囲の町並みや敷地内の既存建物との調和・融合、解体建物の古材を再生したい!」という思いと「世代を継ぐ家になってほしい!」という願い。古材を含め自然材をふんだんに取り込んでいますが、中でも印象深いのはリビングの大きなのぼり梁。広々とした木を感じる空間は訪れる方々が感心するようです。
塚本材木店 木のコンビニ ウッドショップ100 事業概要 会社概要 お問い合わせ
塚本材木店 | お問い合わせ | 事業内容 | 会社概要 | 店舗案内 | ウッドショップ100 | お知らせ
木の住まい | 施工事例 | 木工教室 | 木工教室申し込み | 循環型資材 | 住宅建築相談